続きを読む

69 均等・均衡待遇への取組での3つの注意点

同一労働同一賃金ガイドラインから使用者が均等・均衡待遇に取り組み歳の注意点となるものを3つ説明します。項目は、企業内に雇用管理区分が複数ある場合の対応、通常の労働者と短時間・有期雇用労働者との間で職務の内容などを分離した場合、通常の労働者の待遇を引き下げる対応をする場合です。
2020年1月20日